Koji Uematsu

@hibermaster

 

Message

 

0スタート

 

僕が物事に出会う時は、まず0の状態に自分をリセットする。

経験で得てきた考えや思い込みを、あえて拭い去るのだ。

固定観念を持たないということ。それが、すべてのスタートになる。

 

なぜなら、自分に言葉が入ってこなくなるからだ。

新しいことを受け入れたいと願っていても、思い込みというフィルターが大事な要素を遮ってしまう。

ろ過した言葉を増やし続けても、今までと同じアイデアの繰り返しになってしまう。

 

すべてを0にして、すべてを受け入れること。

それは、相手をそのまま受け入れることでもある。

 

たとえば、黒板に書き出すように。

与えられた文字をすべて

自分の中に入れ込んでいくのだ。

 

そして、経験というチョークで、言葉を書き足したり、置き換えたり。

時には、ざっくりと消してしまうこともある。

 

そこに残ったものだけを、僕というノートに写し込んでいくのだ。

 

今までの自分の失敗は

自分が正しいと思い込んでいたからだ。

 

話は聞いていたつもりだった。

でも、いつも細かなフェルターをかけすぎて

相手の言葉を自分に届けてこなかったのだ。

 

それに、気づいた時。

 

相手の話をすべて受け入れるようになった時。

そして、その後に自分の考えを照らしあわせるようになった時。

 

ようやく、あたりまえの失敗を繰り返すことがなくなった。

 

僕のそんな変化が、

0から始めたそのことが、

学びのスピードを速めることになる。

大切なことを気づかせてくれる唯一の方法となるのだ。

 
 
 

Photos

 

 

 

 

 

About Koji

植松鉱治 (体操歴23年)

競技実績
2008年全日本学生選手権個人総合優勝
2010年世界体操選手権 団体銀メダル
2013年全日本選手権 鉄棒 優勝
2014年ワールドカップシリーズ コトブス大会 平行棒1位
2015年全日本シニア選手権 鉄棒1位

2016年秋からカルフォルニア州バークレー校体操部のアシスタントコーチとして渡米、指導。今後のアスリートを育成するためのスポーツ心理学・コーチングを大学院にて修学予定。渡米後も、アスリート委員会や子ども体操サークルの監修など、日本のスポーツや子ども達に関わる活動を行っている。
 


KOJI UEMATSU

2015 All-Japan Senior Artistic Gymnastics Championships (JPN)1st Place, High Bars
2014 Challenge Cup (Cottobus, GER) 1st Place, Parallel Bars
2013 Challenge Cup (Cottobus, GER) 2nd Place, High Bars
2013 All-Japan Artistic Gymnastics Championships (JPN) 1st Place, High Bars
2012 Pacific RIM Championships (USA) 3rd Place, All-Around
2012 DTB Team Challenge Cup (GER) 1st Place, Team
2010 World Artistic Gymnastics Championships (NED) 2nd Place, Team
2010 All-Japan Artistic Gymnastics Championships (JPN) 1st Place, All-Around
2010 JAPAN Cup (Tokyo, JPN) 1st Place, Team
2009 Tyson American Cup (USA) 4th Place, All-Around

Contact

 

【お問い合わせ】
体操を広める活動及び指導や監修のご依頼・ご相談を受付けております。
 
【ご連絡先】
お問い合わせ、ご依頼はメールにてご連絡ください

info@duce.tokyo

株式会社DUCE
〒150ー0013 東京都渋谷区恵比寿4-4-2 クレスト恵比寿3F